炭水化物抜きダイエットの結末

とにかく痩せたい!夏までに痩せたい!
そう思い立ち、始めたダイエット。
真っ先に思いついたのは、糖質抜きダイエット。
元々食べるのも好きだし、とにかくダイエットには強敵の、甘い物はかなりといっていい程大好物。

メルカリはNG!グラマラスタイルの購入方法や私の口コミなどをご報告!

食べていいものリストを作成。唯一食べて良いのは、「バナナ」
主にメインで食べるのは、「無糖ヨーグルト、サラダチキン、豆腐、キャベツ」
ラーメンが食べたくなったら、「白滝」
お米が食べたくなったら「豆腐を細かくして炒る」
そして甘いものが食べたくなったら…

「スタイルいい 女」←これをひたすら検索。
魅力的なボディーがたくさんで、甘いものの誘惑に勝てた。
特に運動はせず、当時働いていたコンビニで動くくらい。
そんな糖質抜きダイエットを初めて4日程たった時、
体重計に乗ってみると…「!?」
59キロ→57キロ!

50キロを切るのが目標だった私は、その日から糖質という物には一切興味がなくなり、キャベツの千切りの上にサラダチキンをのせ豪快に食べる事で、こんなに食べてるぞ!という満足感を獲た。1日の中で1度、バナナを細かくした物に無糖ヨーグルトをかけて食べていた。そして、3ヶ月程経った時から、とにかく出来るだけ糖質を取りたくない!と思うようになり、食品パッケージの裏のエネルギー記載を見るのが趣味のような物になり、ドレッシングなどの糖質すら取りたくないと思うようになった。

そんな中、最初の頃よりかは緩やかだが1日0、5キロ程落ちていき、「めちゃ痩せたね、可愛いくなったね」という言葉が、いわば最高の糖質!嬉しくて褒め言葉という名の糖質を求めて、その後も頑張った。というか、この頃になるともはや糖質とらないのが楽しくなっていた。コンビニには誘惑がありふれているのに、そんな誘惑だらけの中で働いていても余裕だった。

そして、遂に50キロちょっと切ったのは、6ヶ月程経った時。
体型はかなり細くなり、顔もシュッとなり、「この調子で45キロまで頑張ろうかな?まぁその前に、この半年頑張った自分におにぎり1つご褒美!るんる~ん」とコンビニのおにぎりを食べたのが地獄の始まり。おにぎり2個、お弁当2個、パン4個、お菓子、アイス
どんだけ食べてもお腹がいっぱいにならない。恐怖になった。

遂に泣きながら食べては、最終的には、噛んで飲み込まずに吐く…
過食症になった。あの頃から約7年経った今…産後ダイエット中だが、もちろんお米は食べています!