日焼けにもお米パワーを

日焼けというと夏のシーズンだけに対策すれば大丈夫と考えている方も少なくありませんが、実際にはこれではかなり対策が遅くなってしまっている確率が高いです。j地位kによって少し差はあるものの、肌が日焼けし始めるのは6月からすでにスタートし、雨の曇り空は紫外線が8割近く増えています。

ととのうみすとは販売店で市販されている?

この日焼けの対策としてリーズナブルかつ健康的に活用できるのが、お米のとぎ汁です。お米はいつもと同じように食べられ、さらにとぎ汁以外には必要ないので健康にも節約にもつながります。

1回目のとぎ汁であればほこりが含まれているか可能性があるので軽く流し、そこから水は川得ずにお米とお米をこするようにしっかりとといた白いとぎ汁1カップあたり3合を目安にお水を追加し、もう一度仕上げにといだものを1.5倍程度にお水で薄めたとぎ汁の洗顔水を活用します。

最初は軽く洗い流し、そこから顔全体をマッサージするように丁寧に全体を洗います。そばかすやシミが気になる部分を特に心がけ、下から上へを意識してマッサージするとさらに効果が期待できます。最後はぬるま湯できちんと洗い流して終了です。お米にはお肌の調子を整えてくれる食物繊維も豊富なので、主食としても食べることで一石二鳥です。