天パとの付き合いに悩んでいた話

私は天パだ。天パとは、天然パーマのことである。

エメリルヘアオイルの効果を検証!本音の口コミを辛口評価でお届け!

最近は天パとは言われず、くせ毛という言い方をされているように思うが、「くせ毛」という言葉が与える印象の範疇におさまらないほど、私の髪はうねる。

そもそも母方祖母とおば、父が天パであり、私は天パのサラブレットとして生まれてきた。

人に天パですと言うと「お金払ってパーマかけなくていいなんていいなぁ」と言われてきたが、その度に「じゃあ取り替えてやるからこの髪の毛と付き合ってみろや!」と肩を掴んで揺さぶりたくなったものだ。

長じてからは「性格が曲がってるから毛も曲がってるんだよ(笑)」と評されたりして、おれが何をしたっていうんだ状態である。

学生の頃、縮毛矯正という最高の技術が誕生してからはずっとそれに頼っている。初めて自分の髪がまっすぐになった時は感動したものだ。

しかし縮毛矯正は、お金はかかるわ時間はかかるわ髪は痛むわで辛いことも多い。

その上、縮毛矯正をしていないところはうねるのだ。根元がストレートで毛先がカールというのは可愛いが、毛先がストレートで根元がカール(しかもクセのあるカール)は見苦しいことこの上ない。

そんなこんなで生まれてからずっと、髪との上手な付き合い方がわからずに生きてきている。

しかし、最近またもや一筋の光明をみつけた。くせ毛専門カットをうたう美容室だ。

いいかげん縮毛矯正で髪質と時間と金を損失することに嫌気がさしてきていた私は、すぐそこに行くことにした。

その美容室は、担当の美容師さん自身が天パということもあり、カットの仕方もアドバイスも神がかっている。髪だけに。

梅雨でうねる時期、ヘアアイロンで伸ばしても伸びない時はどうするかと問うと、「諦めてもらってバームでくせを活かすアレンジをしてもらう」と言われた時は「この人わかってんな……」と思ったものである。

というわけで、しばらくはその美容室に通うことに決めた。今は縮毛矯正の部分が無くなるのを待っている最中で、そこがなくなるともっとヘアアレンジがしやすくなるそうだ。

美容院が「仕方なく大金と長い時間を使って髪質を犠牲にしに行くところ」で無くなったことが、とても嬉しい今日この頃である。