私のお肌の悩みはほくろとクマがあることです。

私の悩みはほくろとクマがあることです。けっこう昔からそれはあって、いろいろとあ感じていたのですがやっぱり辛いなと思うことが多くてなかなか思い通りにはなりませんでした。なのでいまもクマはたくさんあってすごく辛いんですがなかなか思い通りにならなくて困っていたりもしています。

正直子供が小さいのでまだきれいなお肌でいたいのですがなかなかそうは行かないですね。

何でこんなにと思うことが多くて辛いです。私は将来子供のためにと思っていろいろと遊んであげていますがやっぱり一番嫌なのは外に出る回数が多いとなかなか思い通りに行くことがなくてすぐにお肌に影響してしまうということです。

私は正直子供の頃に戻りたいと思ったことが何度もありますし何度も嫌な気持ちになったことがあります。

しかしながら最近はもう少し自分の力でなんとかやってみようと思うことが多く頑張ってやりくりしています。なかなか難しいですがなんとかやっていけたらいいなとは思っています。もう少し自分の肌が綺麗になれたらいいなとは感じています。

あと少しあと少し頑張ればいいかなとは思っているのですがなかなかそう上手くは行かないものですね。毎日辛い思いをしていて大変な気持ちです。

脂性肌だと思っていたのですが、実はインナードライ肌だと気付きました。

肌トラブルは人によって様々。自分は乾燥肌?それとも脂性肌?と自分の肌質を理解していない人も多いのではないでしょうか。

実は脂性肌だと思っている人の多くがインナードライ肌(混合肌)だそうです。

実際に私も脂性肌だと思っていたのですが、実はインナードライ肌だと気付きました。

今回はインナードライ肌の人のためのスキンケア方法についてご紹介します。

私が実践しているケアの方法は以下の3点です。

①水を1日1.5?2リットル飲む

②洗顔はシンプルに

③スキンケアの最後には必ず蓋をする

一つずつ詳しく見ていきましょう。

①水を1日1.5?2リットル飲む

人間の体内の多くの割合を水が占めています。つまり肌の潤いを保つには外側から水分をプラスするのに加え、体内の水分量を高める必要があります。

私たちは毎日食事や飲み物から水分を接種してはいますが、純粋な水でないものには利尿作用があったりと、水分補給には効率が悪いのです。

そのため純粋な水を1日に1.5?2リットル飲むことを心掛けましょう。

②洗顔はシンプルに

肌が荒れる原因としてもちろん化粧や汚れが落とし切れていないというのもあると思いますが、実は洗いすぎというのを聞いたことがありますか?

洗顔やスキンケアに使われている成分は基本的に人工のもの。昔からあったものではないということです。

つまり洗顔料での洗いすぎは、本来肌にとって刺激が強すぎるのです。

そのため私の場合は、夜は固形石鹸や低刺激の洗顔料で洗顔をし、朝は水洗顔にするようにしています。

③スキンケアの最後には必ず蓋をする

先ほど水分のお話をしましたが、やはり一般的なスキンケアでの外側からの水分補給も重要です。

私はスキンケアも洗顔同様シンプルであるべきだと思うのですが、最後にしっかりクリームで蓋をするということは欠かさないほうが良いでしょう。

化粧水や乳液でしっかりと肌表面から潤いを与えた後、クリームなどでその水分をなるべく逃さないようにしましょう。

以上がインナードライ肌の肌荒れ解消・防止のためのスキンケア方法になります。